皆さんは、クリニックの医療脱毛とエステサロンの脱毛の違いをご存知でしょうか?

選ぶ脱毛法によって、費用や脱毛効果、施術回数など様々な違いがあります。何も知らないまま脱毛デビューしてしまうと後悔することになるかもしれません。脱毛は身近になってきていますがこれらの違いは以外に知られていないですね。両者の特徴を理解してこの夏、脱毛デビューしてみてはいかがでしょうか?今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いを初心者向けに分かりやすくまとめましたので是非ご覧ください。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

まず、大前提として脱毛は医療行為にあたります。医療免許を持たずに施術した場合は違法になります。医療脱毛は医師が行う脱毛法になり、再生率の低い「永久脱毛」の効果があります。さらに医師が常駐しているためカウンセリングの際に医師が患者のお肌の状態を診察し、適切な照射パワーを決定してくれます。しかし、エステサロンには医師がいないためカウンセリングなどはエステティシャンやカウンセラーが行います。症例が多く経験は積んでいるとはいえ突然のトラブルに対応できない場合もあります。エステ脱毛は医師免許を持たずに施術を行うため、これが脱毛となると医師法違反になり悪質な場合は逮捕されます。そのためエステ脱毛は「一時的な減耗・抑毛」であると理解してください。もちろん、全てのエステサロンがということではないので通うサロンはサイトなどで下調べすることをおすすめします。

医療脱毛とエステ脱毛のメリット・デメリットは?

医療脱毛にもエステ脱毛にもそれぞれメリット・デメリットがありますので紹介します。

【医療脱毛】

医療脱毛は、照射パワーが強いため1回の施術効果が高く施術回数は5~8回で完了することができます。脱毛行為は医師が行うため安心して高い効果(永久脱毛)を得ることができます。そのため万が一の肌トラブルにも医師がすぐに診察・治療を行うことができます。施術時の痛みは強く感じることもあります。全身脱毛の費用は約40万位が相場だといわれています。医療脱毛のクリニックは、全国展開をあまりしていないため急な引っ越しなどには対応できません。

【エステ脱毛】

エステ脱毛は、一般的な減耗・抑毛になります。医療脱毛に比べて照射パワーが弱いため1回の施術効果が低く施術回数は18回前後通わなければなりません。しかし、全国展開しているエステサロンは多いため通いやすくはあります。エステ脱毛は医師免許を持っていなくても施術ができるため照射漏れなどの高いリスクはあります。さらに、万が一の肌トラブルに対しても店舗では対応できません。そのため最悪の場合、傷跡が残ってしまう可能性があります。全身脱毛の費用は20万~30万位が相場のようで医療脱毛に比べたらお得に脱毛することができます。

医療脱毛とエステ脱毛はどんな人におすすめなの?

医療脱毛は、1回の施術効果が高いため短期間で脱毛を完了させることができます。

そのため、とにかく効果を重視する人や早く脱毛を完了させたい人、肌トラブルが心配な人などにおすすめです。

エステサロンは割引キャンペーンなどが充実しているので老若男女誰でも気軽に脱毛デビューすることができます。ただし、エステ脱毛の施術期間は長いので完全なツルスベ肌を目指すには通い続ける根気が必要です!このことから、まずは安いプランで脱毛デビューをしたい人やムダ毛が今より薄くなるくらいで満足という人、痛みに極端に弱い人などにおすすめです。

まとめ

今回は、医療脱毛とエステ脱毛の違いを初心者向けに分かりやすく説明してみた!ということで紹介しました。どちらの脱毛方法もメリット・デメリットがありますし、ご自身の重視したいところで選び方も変わります。脱毛デビューを迷っている人は、まずカウンセリングを受けてみてください。カウンセリングを受ければ脱毛費用の見積もりを出して貰えますし、クリニックやサロンの雰囲気、スタッフの接客対応などを確認することができます。必ず契約しなければならない訳ではないので、一度足を運んでみてはどうでしょうか。最後までご覧いただき有難うございました!