〇はじめに-永久脱毛ができるのは医療脱毛のみ??

脱毛にはいくつかの種類があります。

主には、医療脱毛と呼ばれるレーザー脱毛。

もう1つは脱毛サロンなどで扱われる、光脱毛です。

 

おなじ脱毛という名前が付いていると、効果も同じなのかと思われがちですが、この2つには大きな違いがあります。

 

脱毛サロンを選ぶときには、自分の求める効果によって、サロンを決めなければいけません。

 

では、今回はこの2つの脱毛についてのお話をしていきたいと思います。

〇永久脱毛を求めるなら、医療脱毛!

レーザー脱毛とは、医療用レーザーを使った脱毛方法です。

医療用ということなので、病院などでのクリニックでないと、施術を行うことは出来ません。

エステサロンや脱毛サロンでは行うことが出来ず、医療機関や専門のクリニックでのみ受けることが出来ます。

 

脱毛効果が高く、脱毛サロンではできない、永久脱毛をすることが可能です。

永久脱毛を行うと、脱毛済みの箇所には、ずっと毛が生えてこない状態になりますので、自己処理の手間が省けます。

だいたい5回ほどで、脱毛も完了しますので、短期間で済ませたい人にもオススメです。

 

脱毛のレーザーは、もともとシミなどの治療に使われるものを、応用したものと言われています。

そのため、使うと肌が明るくなるなどの効果もあるそうです。

 

デメリットとしては、値段が高いことです。

一般的に、エステサロンでの脱毛の3倍程の値段がかかると言われています。

 

また、痛みが強いことも挙げられます。

場所によっては、麻酔を使って行うところもあるようです。

麻酔をしないと耐えられない痛みということです。

〇光脱毛は効果がないの?

永久脱毛ができるのが、医療脱毛を用いたときだとお話をしましたが、光脱毛では効果がないのでしょうか?

値段も安く、手を出しやすい光脱毛を考える人は多いですよね。

そのため、効果は1番気になるところだと思います。

 

光脱毛には、永久脱毛ほどの効果はありません。

そのため、どのサロンに行っても「永久脱毛ができます」とは言われないのが事実です。

だいたいが「自己処理が楽になります」と言われます。

 

私自身は、光脱毛を経験しましたが、永久脱毛に近い効果は得ることができると考えています。

それには長く通う必要がありますが、サロン脱毛は低価格ですから、無期限無回数で通うことも可能なんです。

 

永久脱毛に近い効果・・・ですが、具体的に言うと、自己処理をほとんどしなくなるレベルと言えます。

脱毛を続けると、もともとある毛も細くなってきますから、産毛程度に見えるようになります。

 

 

気がついたときに、少し処理をする程度になるので、自己処理をするペースをグっと減らすことは可能です。

だいたいの女性は、この程度でよいと感じることが出来ると思います。

 

また、無期限で通えるというところも、大きなメリットです。

 

女性は、生活スタイルの変化によって、ホルモンバランスが崩れたりしますよね。

大きなもので言うと、妊娠が1番ホルモンバランスに影響が出ます。

 

妊娠をすると、脱毛をした箇所でも、また毛が濃くなってしまうこともあるんです。

その時に、無期限無回数で契約をしていれば、再契約をせずに通うことができます。

 

何かあった時に、また通えるのは安心でもありますね。

 

光脱毛は、時間がかかりますが、きちんとした効果を得ることは可能です。

レーザーに比べて、効果は低いものの、長く通うことで、困らない程度の効果を得ることができます。

〇まとめ-医療脱毛と永久脱毛

医療脱毛とサロン脱毛についてのお話をしましたが、いかがだったでしょうか。

脱毛サロンも色々選べるようになってきていますから、どんな効果を得たいかによって、考えていくといいでしょう。

 

特に、サロン脱毛は低価格で手が出しやすいのがメリットです。

社会人だけでなく、学生のうちから通うことも可能になります。

 

長く通うのであれば、早いうちから通えるのも便利ですよね。

 

払える金額や、通える期間によって、選ぶようにしましょう。